フラミンゴレギンスの履き方で効果が出る3つのポイント

フラミンゴレギンスは履き方で効果の差が出ることがあります。この記事ではフラミンゴレギンスの効果的な履き方やサイズ選びに加え、実際に体験された方の口コミや効果を紹介します。

 

 

フラミンゴレギンスは履き方で効果の差がでる

 

フラミンゴレギンスの履き方で3つポイントを紹介します。

 

この3つのポイントを抑えることで効果にも差が出てきます。

 

今まで着圧スパッツで効果がなかった人は、この履き方のポイントを参考にしてください。

 

①着圧ラインのチェック

着圧レギンスには加圧ラインがあります。この加圧ラインが本来の位置からずれていると、効果が出にくくなります。

 

ふくらはぎや太ももなど細く見せたい部位に加圧ラインがります。

 

ストッキングを履く要領で丸めてしっかりと脚の部位に合わせて履いていきます。

 

このときに加圧ラインがズレていないかチェックしながら履いていきます。

 

ヒップからお腹まですっぽりとカバーできるタイプなので、履くときにウエスト部分を引っ張ると上手く履けません。

 

一度履いてしまうと圧がかかるので修正がしにくくなるので、始めに履くときにゆっくり合わせて履くようにします。

 

②履いているときに運動も心がける

本格的な運動ではなくてもウォーキングやストレッチなど、フラミンゴレギンスを履いているときに軽い運動をすることで美脚効果が期待できます。

 

加圧スパッツですが通気性や伸縮性もあり、防臭抗菌加工もされているので運動のときにも使えます。

 

③毎日できるだけ長く履く

フラミンゴレギンスは履いた瞬間から細見え効果が期待できますが、むくみや美脚効果を期待するなら毎日長く履くことが大切です。

 

始めは加圧の強さに慣れないときは、キツイと感じたら脱いでも構いません。

 

慣れるまでは短い時間でも良いので毎日履くようにしましょう。

 

慣れてきたら朝から晩まで履くことで効果が期待できます。

 

サイズの選び方も重要!永久サイズ交換保証あり

 

フラミンゴレギンスのような着圧スパッツは、サイズを間違えると効果が半減したり、苦しくて履けなかったりします。

 

ウエスト ヒップ
M-L 64~77cm 87~100cm
L-LL 69~85cm 92~105cm

 

サイズの選び方も重要になりますが、どちらのサイズにも当てはまる場合迷ってしまいます。

 

公式サイトにはウエストかヒップがL-LLサイズに該当する場合はL-LLサイズをおすすめしています。

 

細見え効果を期待すると小さい方を選びたいところですが、キツくて苦しくて履けなくなるのは避けたいところです。

 

フラミンゴレギンスは伸縮性のある生地でできているので、体型に合ったサイズであれば苦しくなることはありません。

 

もしサイズが合わなかった場合でも、永久サイズ交換保証制度があるので安心です。

 

詳しくはフラミンゴレギンスの公式サイトから>

フラミンゴレギンスの口コミ

 

特にヒップ回りを中心に圧着感はあるのに、動きにくさが全く無い!!
圧力が上手に分散されていることが分かりますよ~
164cmの私の身長でも足首までカバーできる長さがGood!!むくみが気になる方のレッグケアにもピッタリ!!
かなりハイウエストでバスト直下まで引き上げることが可能。ードルよりも更にサポート力は上。
脚の引き締めも当然良いのですが、私的にはウエストからヒップ回りのサポート力の秀逸さを一押し。フロント側の「ポッコリお腹」もケアしてくれます。冬場の「ももひき&腹巻」代わりのインナーにも使えそう。
もちろん、寝る時用のムクミ取りレギンスとしても使うことができますよ。

引用元>アットコスメ

 

このレギンスを履くだけで足がひと回り細く見えるしお尻もプリンと上がって姿勢までよく見えます!!
着圧が強めなので履くときにコツがいるのですが、履いた後はキツさはなく動きやすいです。
産後なかなか体型が戻らないので愛用しています
スカートの下に履いてます

引用元>アットコスメ

 

 

着圧レギンスって結構キツくて履くのが大変だったり、履いてるうちにしんどくなったりして長続きしないんですが、
これは結構一日中履いていても平気。
着圧系のアイテムって着圧が強い分、繊維がいかにもナイロンです!みたいな硬めな肌触りがするものもあるけど、
これは肌触りも柔らかく、サラサラで通気性が良いので、履きやすいです。
履いてるとむくみにくく、楽なので、ルームウェアがわりやレギンスとしてスカートの下に履いてます。

引用元>アットコスメ

 

SNSでも評判が良い

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ren(@_reeen_)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukarin(@_.yukaringo._)がシェアした投稿

着圧レギンスは産後すぐはダメ

フラミンゴレギンスに限らず着圧レギンスは、産後すぐに履き始めるのはよくありません。

 

産後はすぐにでも体型を戻したいという気持ちはわかりますが、産後1ヶ月ぐらいは無理な締め付けはよくありません。

 

産後直後から骨盤を締め付けると、子宮の回復や悪露の排出の妨げになることもあるので産後直後は身体を休めることが大事です。

 

フラミンゴレギンスを産後に履くなら、1ヶ月半から6ヶ月くらいまでに着用するのが良いです。

 

ただ産後の授乳時期などは身体も疲れていて、着圧レギンスなどで長時間締め付けるのも良くないので、フラミンゴレギンスを履くなら短時間から始めましょう。

 

フラミンゴレギンスの人気の秘密

 

フラミンゴレギンスは履いた瞬間から細く見える着圧レギンスです。

 

人気の秘密は

・着圧がしっかりと強力なのに肌触りが良い!
・履き続けやすい!関節ゆるめで動きやすい!
・脚、ヒップ、腰までオールインワン設計
・抗菌防臭加工で臭いにくくて清潔!

 

フラミンゴレギンスの特徴は着圧スパッツですが腰のくびれやお尻までケアしてくれるところです。

 

股上が深く高めに設計された腰の部分にくびれ形成V字着圧が搭載されています。

 

くびれ形成V字着圧で骨盤をサポートしながら、ウエストを引き締めてくれます。

 

お尻の部分にはオメガ型の強着圧構造になっているので、上方向にお肉を持ち上げる構造になっています。

 

脚の部分は12段階の着圧設計になっているので、出るところは出て締めるところは締めたキレイなシルエットを実現してくれます。

 

・いつも脚がパンパン、脚のスキマがない

・たるんだお尻が気になる

・産後の体型が戻らない

 

こんなお悩みがある方は、一度フラミンゴレギンスをお試しになってはいかがでしょうか。

 

フラミンゴレギンスの公式サイトはこちら>

タイトルとURLをコピーしました