アロマキフィでかゆみが出ることもある!髪に優しい成分のシャンプー

アロマキフィは髪や頭皮にやさしい成分でできていますが、かゆみを感じる方もいます。

この記事ではアロマキフィでかゆみを感じる方に、かゆみの原因やかゆみに良いシャンプーなどを解説しています。

アロマキフィでかゆみが出ることがある

アロマキフィはアミノ酸系で低刺激の洗浄成分が配合されているので、髪や頭皮にやさしいシャンプーですが、中にはかゆみが出る方もいてます。

アロマキフィでかゆみがあったという口コミ

産院ではじめて同じメーカーの物を使用しました、とてもまとまりがよくストレートアイロンを使わなくてもおさまりが良かったので自宅に帰ってから注文。
ただ、同じしっとりタイプでも黄色の部分が産院で使用したのは青色のパッケージで、まったく同じ商品を探しても見つけられづ、廃盤になったのかな?
使い心地は良いです、香りは優しい。
まとまりも良い。
ただ、頭皮がかゆい・・・おでこもかゆくなる。
私には合わない成分でもあったのでしょうか、かゆみが出るのでリピできないです。

amazon

アロマキフィの成分

水、ラウロイルメチルアラニンNa、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン、アロエベラ液汁、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、酵母エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、アルガニアスピノサ核油、ユチャ油、バオバブ種子油、コメヌカ油、クダモノトケイソウ種子油、カミツレ花エキス、ビワ葉エキス、ドクダミエキス、ハイビスカス花エキス、オプンチアフィクスインジカ茎エキス、マコンブエキス、カラフトコンブエキス、乳酸桿菌/豆乳発酵液、アロエベラ葉汁、グルコシルセラミド、ポリ-ε-リシン、γ-ドコサラクトン、パンテノール、イノシトール、フムスエキス、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-10、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セバシン酸ジエチル、デキストラン、ラウラミドDEA、ジステアリン酸PEG-150、ポリソルベート20、オレイン酸ポリグリセリル-10、ラウリン酸ポリグリセリル-10、レシチン、DPG、BG、グリセリン、乳酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、カラメル

公式サイト

メインの洗浄成分ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系の洗浄成分で低刺激なのに洗浄力もある成分です。


またコカミドプロピルベタインという成分の配合されていますが、こちらも低刺激で安全性が高いのでベビーシャンプーに使われるような成分です。


アロマキフィは基本的には頭皮や髪にやさしい成分でできています。

頭皮にかゆみが出る原因にはいろいろ

頭皮にかゆみが出る原因は乾燥や汗によるかぶれなどが一般的に考えられます。

シャンプーが合わないとかゆみが出ることも珍しくありません。

今までトラブルがなかったシャンプーでも急に合わなくなることもあります。

頭皮の健康状態が変わることでトラブルになることもあります。

過労やストレス皮膚の炎症などでもかゆみが出るので、気になる方は早めにお医者さんに相談することをおすすめします。

かゆみがひどいときはできるだけ頭皮にやさしい成分が配合されたオーガニック系のシャンプーを使うのがおすすめです。

頭皮にやさしいシャンプーがおすすめ

アロマキフィのように頭皮にやさしい成分が配合されていても痒みが出る場合はオーガニック系のシャンプーも試してみてください。

アロマキフィもオーガニック系ではありますが、成分に一部オーガニック由来の原料が使用されているという感じです。

天然由来100%のシャンプーを使うことでかゆみが収まることもあるかもしれません。

haruシャンプーは天然由来100%のオーガニックシャンプーです。価格はアロマキフィよりも高くなりますが、リンスやコンディショナーがいらないのでコスパ的にも良いです。

初めてで不安な方は返金保証を活用してください。

haruシャンプーの公式サイトはこちら>>

タイトルとURLをコピーしました