ケノンが何歳から使えるのかはあなた次第!?毛深い悩みを解決

ケノンは何歳から使えるのか気になります。とくに女の子は毛深いと学校でからかわれることもあり、小学生でも毛深いことに悩みを持ちます。

そんな子供の悩みを解決してあげたい方に、この記事ではケノンは何歳から使えるのか?子供に使う場合のメリットやデメリットなどを解説しています。

>>ケノンの公式サイトはこちら<<


ケノンは何歳から使える

ケノンが何歳から使えるのか、結論から言うと10歳ぐらいからからでも使ってる方がいるということです。

具体的に何歳からケノンを使えるかは個人差があるので言えませんが、小学生でもケノンで脱毛しているご家庭があるということです。

<お子様のご利用について>

ネット検索をされますと、ブログやSNS、レビューなどでお子様にご利用され、ご満足いただいている方が多く見受けられますが、ご利用については『親御様の自己責任』となります。

但し、フラッシュ光は家庭用、業務用共に有害性はなく、副作用などはございませんのでご安心ください。

また、熱エネルギーによる肌へのダメージという観点で言えば、大人が使用する場合とそこまで大きく差はありません。
しかしながら、低年齢(小学生くらい)の場合は肌が敏感でバリア機能も低い為、保護者の方がしっかりと冷却してあげて、出力も低いレベルから徐々に上げていく事をお勧めします。

また、女の子は初潮を迎える前に処理した場合、初潮を迎えるとホルモンバランスが変化する為、再生する可能性が高くなります。
男の子の場合は初潮は関係ありませんが、同様にホルモンバランスが変化する時期に使用すると、再生する可能性はあります。

あくまで目安ですが、中学生くらいになれば大人と殆ど変わりなく、小学生以下ですと前述のような点が挙げられます。※個人差はございます

公式サイト

メーカーは小学生を対象にケノンを使うことを推奨していませんが、親御さんの責任のもとでケノンを使っている方が多数います。

子供に使った口コミ

12歳の娘が脱毛をしたいということで誕生日のプレゼントに購入しました。
私も一緒に使用させてもらっていますが、痛みもほとんど感じることもなく、まだ3度しかやっていませんが、毛が少し薄くなり、なんとなく効果が出てきたように思います。
私は特に美顔の方に興味があって、3度目ですが、毛穴が閉じてきたように感じています。
少しの回数で効果を感じているので、今後に期待して、使用していきたいと思っています。

公式サイト

お値段はしますが買う価値有りです(^ω^)
小学生の娘と一緒に使っていますが毛の薄いところは2回で効果を実感出来ました。
家族で共有して使えるのですごくいいです。
本当になんでもっと早く買わなかったんだろうと思ってます‥笑

楽天みんなのレヴュー

五年生の娘にはレベル6で足の脱毛をしています。レベル7でやったら、熱いって言われて、冷やしが足りなかった為、うすーくその部分だけ痕がついてしまいました。(母、反省中)
でも、そのうち消えると思います笑
レベル6でも強いかなーと思いながらも5にしようか悩みながらやってあげてます。

楽天みんなのレヴュー

サロンではなかなか小学生の脱毛はや ってなくて、肌荒れなど心配でした が、全くなく、痛みも少なく、小学生 の娘でも使えるくらい簡単です! 2回の照射がおわりましたが、既に毛量 が減ってます。 ありがとうございます!

公式サイト

小学生の娘は
ほんと今どきの子
朝はヘアアイロンして、UVケア。
放課後は男女でいつもの場所で集まって。
夜は時々、ケノンで脱毛。LINEでグルプ電話。どうなることやら💦— ぷくなっつ (@reitou729) July 22, 2020

@reitou729

脱毛サロンは何歳から?

脱毛サロンなどは13歳(中学生)から受け付けているところが多いようです。

理由は女の子の場合ホルモンの関係で初潮を迎えてからのほうが効果があると言われています。

医療脱毛は何歳から?

医療脱毛では10歳ぐらいから受け付けているところが多数あり、中には3歳から受け付けているところもあります。

脱毛サロンとの違いは、医療資格者が行うので子供の肌や皮膚、個人の状態に合わせた施術ができるというところでしょうか。

子供にケノンを使うことに不安のある方には医療脱毛がおすすめです。

子供にケノンを使うメリット・デメリット

デメリット

・大人が脱毛した時よりも肌トラブルを起こしやすくなります。
なぜなら、皮膚が大人よりも薄く、ホルモンの状態が不安定な時期があるため。

・出力レベルを下げて脱毛しても、肌の状態が大人ほど安定していないので、少しの刺激で肌荒れしてしまう可能性があります。

・レーザー脱毛は日焼け直後にはできません。小中高生の場合、体育の授業や部活動などで日焼けをする機会が多い。

メリット

・カミソリや除毛クリームよりも肌への負担が少ない。

・子供の悩みを早く解決してあげられる。

・都合のいいタイミングで脱毛ができる。

小中学生で脱毛サロンや医療脱毛を始めても、第二次性徴でホルモンの変化で再びムダ毛が復活してきてしまう可能性があります。

もし脱毛サロンや医療脱毛を24回、36回などで契約していた場合、その回数分が無駄になってしまったり、完了しないまま契約が終了してしまう可能性もあります。

そう考えるといつでも家で使えるケノンはサロンや医療脱毛に比べてメリットが大きいと思います。

子供が使うときの注意点

・照射レベル1から始める

・保冷剤などで十分に冷やしながら脱毛する

・光を見ないようにする

・同じところに続けて照射しない

・日焼けするような季節は使用しない

・照射後24時間は湯船に浸からず、温めのシャワーで手のひらで優しく洗う。

ケノンで子供の脱毛は親御さんの自己責任で

ケノンの購入は決して安い買い物ではありませんが、自分だけでなく家族で使うことで、とてもコスパの良い脱毛方法になります。

ケノンを何歳から使うかですが、安全を優先するなら、脱毛サロンと同じように13~16歳になるまで待った方がいいかもしれません。

でも実際には小学生でも使えている例もあるので、しっかりと親御さんがついて、光を見てはいけないことや、重ね打ちをしないこと、照射レベルを低いとこからしてあげることで、子供さんにもケノンを使うことができるようです。

ケノンの詳細はこちら>>

タイトルとURLをコピーしました